ホーム > 治療メニュー > 歯を失ってしまった方へ

歯を失ってしまった方へ

歯を失ってしまった方へ

歯を失った方の治療

歯を失ってしまう原因は、虫歯や歯周病、事故などです。
失った歯を補う方法として、入れ歯やブリッジ、インプラントと、3通りの方法があります。

当院でははじめて義歯を入れる方には、保険が適用される入れ歯をまず試していただいています。
それで不具合があれば、ほかの方法を選択していただきます。いずれの方法も作った後も歯磨きをしっかり行ったり、義歯のメンテナンスも必要です。

お口の中の状態によって、適用できる方法が限られる場合もありますので、わからないことやご希望があれば遠慮なくご相談ください。

なぜ歯が抜けたままではいけないのか

他の歯に影響を出させないために、はやく治療を行いましょう。
抜けたままにしておくと、抜けたところへ対合している歯が伸びてしまったり、隣の歯が流れ込んでしまったり、残った歯のかみ合わせや歯並びにも影響してしまいます。
また歯がないことにより空気が抜けて発音がしにくくなることもあります。

歯磨きもしにくくなり、磨き残しも増えるので、歯が抜けた場合はいちはやく治療を行いましょう。

入れ歯

入れ歯

入れ歯は作るときに負担も少なく、手入れも簡単です。
ただ食べ物が間に挟まったり、バネが見えるのが気になることもあります。

入れ歯でも、金属のバネの目立たないもの、アタッチメント(磁石)を使用したもの、歯の材質がより変色しにくいものなど、自費のものを含めると、いくつもの種類があります。

詳細は料金表をご覧ください。

ブリッジ

抜けた歯の両側の歯を削って、橋を渡すように義歯をかぶせます。
どこに義歯を入れるかによって、できる場合とできない場合があります。

入れ歯より、使うときに違和感が少ないという長所があります。
ただし両側の歯が健康な場合は、削ることに抵抗を感じる方もいらっしゃいます。
費用は保険適用になる場合とならない場合があります。

詳細は料金表をご覧ください。

インプラント

インプラント

あごの骨に人工歯根を埋め込み、義歯を取り付ける方法です。
残っている歯に負担をかけずに装着でき、自分の歯に近い感覚で使うことができます。
ただし手術が必要となり、全額自費のため高額になります。
当院では口腔外科の専門医によるインプラント治療を行っています。

詳細は料金表をご覧ください。

アクセス


小平市花小金井南町1-26-6
武蔵野ビル2F

詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

10月17日(火)は休診とさせていただきます。
代わりに10月18日(水)は午前10時から夜8時まで診療いたします。

2017/09/28

10月の口腔外科外来は10月16日(月)の午後におこないます。


2017/05/15

歯科衛生士さんを募集しています。
常勤はもちろん、週1日から相談に応じます。
詳しくはお電話にてお問い合わせください。